白髪染め長持ちさせる方法




白髪染め長持ちさせる方法

白髪を染めたいけどなかなか美容室で染める事ができない方

そんな時、白髪をどう隠すか?

考える事と思います

様々な方法があります

  • 毎日ポイントカラー(マスカラタイプやパウダータイプ等)で白髪を隠す
  • 白髪を抜く
  • 白髪を根本から切る
  • カラートリートメントで自分で染める
  • 白髪染めを気になる所だけ自分で染める
  • 白髪が目立たない所に分け目を変える
  • ウィッグで隠す

様々な方法があります

それぞれ良い所悪い所ありますが、皆さん工夫をされて白髪を隠しています

では、美容室で白髪染めをして出来るだけ白髪を長く目立たないようにする為にはどうするか?

にスポットを当ててご説明させて頂きます

40代からの白髪染め

35歳からのTゾーンカラー(生え際・分け目だけを染める部分白髪染め)

30代からの若い白髪!白髪染めはいつからがよいか?




白髪染めを長持ちさせる方法

アールヘアでは30代以降の方の多くが白髪染めをします

白髪染めといっても様々な白髪染めの目的があります

  • 白髪を地毛と同じ様に自然にカバーしたい
  • 白髪が伸びた時に目立たない様に染めたい
  • いつもしているファッションカラーと同じ様に自然に明るくカバーしたい

同じ白髪染めでもお客様一人一人で白髪を染める目的が違います

しかし、全てのお客様が『出来るだけでしっかりと長く白髪をカバーしたい』という思いは同じです

どうしたら出来るだけで白髪が長く目立たなくなるように出来るか?

30代、40代の白髪予防!増やさない為の5つのポイント

白髪の染め方をどうするか?

  • 白髪染めの液を出来るだけで濃く(暗く)して染める
  • 髪全体の明るさを出来るだけ明るくして白髪をぼかす(明るくなればなるほど目立たなくなる)
  • 地肌からしっかりたっぷりカラー剤をためて白髪を染める

ヘアスタイルのデザインでカバーする方法

  • 前髪を厚く作る
  • トップにボリュームをしっかり出す
  • サイドバングでフェイスラインを覆う
  • 結ばない髪型を作る
  • 分け目を自由に変えれるスタイルを作る

等様々な方法で白髪を長く目立たなくする事が出来ます

一度白髪になった所は基本的にずっと白髪のままです

更に年々増える一方

白髪とは長い期間上手く付き合わないと行けませんね

白髪染めを長く持たせ続ける為の一番の方法は?

白髪染めの周期を短くし、薬剤を濃くし、地肌からたっぷり塗る

染める周期が空けば同じ様に染めても薄くなります
出来るだけ3週間から1ヶ月周期がおすすめです

【補足】
カラーは頭皮の持つ熱の伝わり方によって染まる濃さが変わります
根本に近い方が温度が高くなり、よりしっかり染まります
逆に地肌からから離れるほど温度が下がるのと、カラー薬剤が白髪にたっぷり溜まらなくなるので染まりが薄く入りにくくなってきます

 

オーガニックカラー〜30代40代白髪染め、妊婦授乳中ヘアカラー〜

美容室の白髪染めで長持ちさせる為には、

白髪染めの周期を短くして薬剤を濃くして地肌からたっぷり塗る事

そうする事でしっかりと染まり落ちにくい白髪染めが出来ます

【注意】
白髪をしっかりと染める為には地肌からたっぷり塗布する事ですが、やはりそうする事でとても頭皮がしみやすくなったり、赤くなったり、かぶれたりします
必ず担当の美容師に頭皮の状態を見てもらいながら相談して下さい
この方法は白髪はしっかり染まるが、長くこの方法で白髪染めをして行くとアレルギー等が出やすくなるのであまりおすすめ出来ません

白髪染めの後の髪と地肌ケアが大切

しっかり白髪染めを行い白髪を隠す為にはカラー前、カラー途中、カラー後のケアがとても大切です

これをしっかりと行えば髪や頭皮の負担が軽減出来ます

カラー前のケア

  • 頭皮の保護(オイル・クリーム等)
  • 髪の保護(オイル・処理剤等)

白髪染めで頭皮が弱い方にオススメな『ゼロテクニックカラー』

ヘアカラー・白髪染めで頭皮トラブルが出る方は保護オイルをつけましょう

ヘアカラー、白髪染めの肌荒れを出来るだけ防ぎながらおこなう方法は?

カラー中のケア

  • 頭皮の保湿
  • 髪のphコントロール

カラー後のケア

  • 地肌のカラー剤の完全除去(炭酸・ヘッドスパ等)
  • 髪のphコントロール
  • 髪のダメージ修復

等を行う事がとても大切です

アールヘアでは必ずお客様の頭皮や髪のコンディションを見ながらこのケアを行います

ご自分で染めるセルフカラーとの仕上がりやダメージの違いは薬剤の性質もありますがこのケアが大きな違いです

自分でセルフカラー出来てもここまでしっかりケアは難しいと思います

なかなか美容室に行けないからセルフカラーで!
というのも白髪をカバーする手段ですが大きな負担がることをご理解下さい

セルフカラーされている方の頭皮の多くは、カラー剤の残りがあるのが確認できます。
*色素沈着のように肌が黒ずんでいます

現在は新型コロナウィルス感染症の影響で多くの方が美容室に行けない状態です

そんな中白髪をどうするか?

多くの方が悩まれている事と思います

アールヘアでは出来るだけカラートリートメントでの白髪カバーをおすすめしています

地肌や髪への負担が少なく少しですが白髪をカバーする事が出来ます。

おすすめのカラートリートメント

ホーユーレセカラートリートメント

白髪染めトリートメントカラーでしっかり染める方法

白髪染めを長く持たせる方法のまとめ

白髪染めを長く持たせるには何度も書かせて頂きますが、

白髪染めの周期3週間から1ヶ月以内位に期間を短くして、薬剤を希望の明るさより少し暗く(濃く)して、地肌からたっぷり薬剤をためる様にたっぷり塗る

カラー前、途中、後の頭皮と髪のケアをしっかりと行うこと
特にカラー後のカラー剤の除去が大切です

また、カラーの色持ちを良くするカラー専用のシャンプーなどもあります

ローランドO-WAYカラープロテクションシャンプー
ローランドO-WAYカラープロテクショントリートメント

がオーガニックシャンプーの中ではオススメのカラーケアシャンプートリートメントです

rolland O-WAY colorUp/ローランド カラープロテクション

ローランドO-WAYシャンプートリートメント 通販サイト

それと白髪を目立たなくする髪型
特に顔まわりのデザインは最重要です

長く付き合う白髪染め

アールヘアでは安心して続けられる様に、お客様一人一人に合わせて持ちの良い白髪染めをさせて頂きます。

もう二ヶ月以上染めるのを我慢している方も多くいるでしょう

早く安心して美容室に行ける時が来るのが良いですがいつになることか?

1日でも早く終息を願います




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア

オンラインショップ

More
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ

GOOGLE MAP

R hair 公式ホームページ LINE 公式ページ
                          友だち追加